• ishino miho

「ポートランドインタビュー」No.4



⦿清水ひろゆき氏 (米国ビジネスコンサルタント)

http://shogyokai.jp/ud/author/59e06792776561784a000000

⦿インタビュアー サントアンの別所

No.3の続きです。

------------------------------------------------- ⦿サントアン別所 ―清水さん、なんでポートランドはそんなに平均年齢が若いんですか?

⦿清水氏 「やはりポートランドの自由さを求め、移住する若者がほかの都市から、毎週数百人もいるというのが大きいでしょう。彼らが農業を習い、特にオーガニックをやろうとしているようです。

⦿サントアン別所 ―若者が農業ですか、日本が今解決すべき問題の一つですね。 なぜアメリカの若者はポートランドで農業、あるいは新しいスタートアップを始めようと思うのでしょうか。

⦿清水氏 「若者が移り住む理由は自然が近く、消費税0%で物価が安いこと。公共交通機関もありかつ個性をリスペクトしてくれるので住みやすいことが大きな理由です。 安全な食べ物と共に、家族で無理せず暮らせる自然環境(アウトドアなど)があることも理由として大きいでしょう。」

⦿サントアン別所 ―消費税ないんですか!大手よりも個々をリスペクトし、皆が無理をせず暮らす街づくり。 理想ですね、移住したいです(笑) では、これからの日本のオーガニックについて、消費者の目線から気を付けていくと良い事はありますか?

⦿清水氏 「オーガニックとそうでないものの違いは、消費する側にとってはわかりにくいものです。だからどうしても価格、産地、お店への信頼などに頼って商品を決めてしまいます。 おいしさが歴然としているかと言われれば、難しいですからね。」

⦿サントアン別所 ―確かに。特に農薬や添加物は‟おいしく見せる”に特化して作られている点は忘れてはいけませんよね。

⦿清水氏 「日本のオーガニックは‟有機JAS規格”とそうでないものに分かれ、《認可を受けていない生産物は名ばかりである》という認識がないわけではありません。が、生産物の良さはその限りではないことを考えるべきです。 認可がある=良いものという考えよりも、なぜオーガニックを食べるのかという理由を掘り下げましょう。」

⦿サントアン別所 ―有機JAS認証があるから良いもの、ですか。わかりにくいからこそ分かりやすいものに目がいってしまいます。

⦿清水氏 「そう。消費者の目線からはわかりにくいのです。なので、まずはなぜオーガニック食べるのか、理由を考えましょう。アンチエイジングや‟かっこいい”‟おしゃれ”が理由で良いんです。 で、その次はちょこっと、今食べているものが何なのか考えてみましょう。オーガニックなら、どんな肥料を使っているんだろう?とか、そんな疑問から生まれる知識をかじってみましょう。 先祖代々伝わっている種なんだ!とか、もっと知りたくなる事柄が出てくると思いますよ。 そうすると、自分が憧れるライフスタイルが見つかると思います。」

⦿サントアン別所 ―ライフスタイルですか。食事をきっかけに‟生きる”を考える。とても面白い、興味深いお話でした。 ありがとうございました。

ポートランドインタビュー END

35回の閲覧

〒669-1533

兵庫県三田市三田町17-11

©2019 All rights reserved. Bio Table Saint-an